育毛剤とはどういったものなのか?基本を解説

現在では、生活により身近なものとなった育毛剤(毛生え薬)ですが、その歴史は5000年以上前までさかのぼります。古代エジプトの記録を示す文書に、猫やカバといった動物などの脂を毛生え薬として頭部に塗布していたという記述が残っているほど古くから人々の暮らしの中に存在していました。平安時代から、艶のある黒髪が美しい女性のステータスであり、男性でも頭髪への意識は高く、男女ともに頭髪の手入れは怠らなかった日本ですが、意外にも、日本における毛生え薬の歴史は、江戸時代から始まります。当時は髪を結って作る「髷」が男性の身だしなみとして、一般的に広く浸透しており、髷を結えない男性は武家に仕えることも許されませんでした。頭髪がそれほど重大な意味を持つ時代であったため、柑橘系の果物である柚子や蜜柑から抽出された油を毛生え薬として、頭部に塗っていました。

薄毛のメカニズムを知りましょう

育毛剤を知るにはまず、薄毛のメカニズムを知ることが大切です。男性と女性によっても、薄毛になる原因は違いますが、男性の場合では、男性ホルモンが影響しているケースも多くあります。普段は体毛の成長を促進させる働きがある男性ホルモンが、頭髪においては、頭部の皮脂腺内などにある酵素(5αリダクターゼ)と結合することによって、薄毛の誘因となる物質を作り出し、それが原因となって、髪の毛が抜けてしまうことが近年の研究で発表されています。また、高脂肪な食物を摂取するなど、皮脂が過剰に分泌される原因となる食生活や栄養バランスの乱れた食生活を続けていたり、ストレスをため込む生活や喫煙、遺伝、紫外線や頭皮への強い刺激、脱脂力の強いシャンプーなども薄毛の原因となることが分かっています。

毛生え薬の成分が頭髪に与える影響

薄毛対策には、薄毛の原因となっているものを出来るだけ取り除く努力が必要ですが、それに加えて、育毛剤を使用してみるのも一つの方法です。これらは製品によって、含まれる成分は様々ですが、その多くは細くなった頭髪にハリやコシを与える成分、頭皮の血行を促進する成分や頭皮の保湿成分、頭皮の状態や「発毛サイクル」と呼ばれる、髪の毛が生え変わる周期を整えてくれる効果をもたらす成分などが含まれています。効果を実感するまでの期間や、体質に合う合わないなど、使用する人によって個人差があり、発毛サイクルなどのことを考えると長期的な使用が望ましいものでもあります。頭皮に異常が出た場合は早急に使用を中止するべきですが、そうではない場合は、長い目で見て、効果が現れるのをじっくりと待つのが良いでしょう。

洋蘭シンビジウムのエキスから作られた薬用育毛剤「蘭夢」を販売中。 蘭夢は使いやすいプッシュタイプと、気になる部分にピンポイントで使える尖りタイプをご用意。 蘭夢はカラーリングした髪でもご使用いただけます。 天然由来の植物抽出エキスが頭皮の血液循環を促し、毛根へ栄養を送ります。 「蘭夢」がお得に購入するなら定期便がおすすめです! 育毛剤をお探しなら【蘭夢】がオススメ!