効果のある良い育毛剤とはどういったものかを解説

抜け毛が気になりだしたのなら、最初に取り組みたいのが、育毛剤による頭皮ケアでしょう。抜け毛の原因として頭皮の血行不良や、頭皮に存在している酵素などが関わっています。頭皮の健康を促進し、抜け毛を防ぎながら、あたらしい毛髪の成長を助けることで、薄毛を予防したいものです。育毛剤には様々な種類があり、その成分内容なども異なっていますが、大きく分類すると医薬品と医薬部外品の二種類に分けることができます。より高い効果を得られるのは、医薬品だとされていますが、医薬部外品にも、メリットがあります。どちらが良いかは人によってことなりますので、それぞれの特徴や、効果をもたらしてくれる成分とその作用などを知り、自分の髪と頭皮にあったものを選ぶようにしましょう。

医薬品と医薬部外品の違いとは?

医薬品とは、医師の処方が必要な薬であり、臨床試験でその治療効果などが認められているものを指しています。医薬部外品も、その効果が認められてはいますが、より作用がゆるやかなものであり、医師の処方が必要ないため、ドラッグストアなどで気軽に購入できます。効果の強さという点でいえば、医薬品のほうが優れているといえますが、どこでも気軽に買うことができるという点では、医薬部外品のほうが良いといえます。また、医薬部外品は、副作用の心配が少ないという利点もあり、医薬品のこれよりも、より気軽に使用できるのが魅力です。医薬品と医薬部外品には、それぞれ違った特徴とメリットがありますので、どちらがより良いというものではなく、自分に合っていると感じる方を、選ぶのが良いのではないでしょうか。

育毛に効果が高いとされる成分は?

育毛に効果が高いとして注目されている成分の一つに、シソ科の植物を原料とするオウゴンエキスがあります。髪の毛が薄くなる原因の一つとして、男性ホルモンと酵素が結びつくことで生成される、DHTというホルモンが注目されています。このDHTの生成を防ぐことで、髪の毛の正常な成長を助け、脱毛を予防することができるといわれています。オウゴンエキスは男性ホルモンを抑制する作用があるとされており、抜け毛の防止効果が期待されています。また、頭皮の血行を促進してくれる成分として、アルギニンやセンブリエキスなども有名であり、育毛剤などによく使用されています。この他にも、抜け毛が増える仕組みや原因について研究が進んでおり、育毛に効果をもたらす様々な成分が開発されています。