育毛剤を探すときや選ぶときの注意点

抜け毛対策、薄毛予防をしていくのなら、まずはその原因を突き止めて、自分にあった方法を選ぶことが大切だといえます。薄毛の原因は、遺伝、男性ホルモンの影響、頭皮の血行不良などに大きく分けることができます。男性ホルモンの影響による薄毛の場合と、頭皮の血行不良による薄毛の場合では、対策方法も大きく異なるでしょう。また、ストレスや偏った食生活などが原因となっている場合には、食生活の見直しや、ストレスの緩和が必要となります。手軽にできる薄毛対策として、人気を集めている育毛剤ですが、その成分や作用は製品によって異なっています。まずは自分の頭皮や髪の状態を知り、原因を特定してから、その症状にあった成分を含む育毛剤を選ぶことが、大切だといえるでしょう。

男性型脱毛症に効果的な成分とは

男性ホルモンの影響を受けて抜け毛が増加しているという場合、まずはその仕組について、知っておくことが大切です。頭皮に存在している活性型男性ホルモンが、ホルモン受容体と結びつくことで、髪の健康な成長が阻害されてしまうのが、男性型脱毛症の原因だといわれています。この場合の対策方法としては、男性ホルモンを抑制する成分や、活性型男性ホルモンとホルモン受容体の結びつきを防ぐ成分が、有効だと考えられています。男性型脱毛症に特化している育毛剤も多数販売されていますので、それらの製品で頭皮のケアを行うことが、抜け毛の抑制と育毛促進につながるでしょう。また、男性型脱毛症の場合、専用の内服薬との併用によって、より効果を高め、効率よく薄毛対策が行えるといわれています。

頭皮の血行不良や乾燥、皮脂過剰などが原因の場合

男性ホルモンの影響を受けなくても、髪が抜けやすくなったり、細く痩せてしまったりということはあります。原因の一つとして、頭皮の健康が失われていることが考えられますので、しっかりと対策していくことが必要でしょう。頭皮が乾燥したり、皮脂過剰となることも、毛髪の成長を阻害する要因となりますし、血行不良によっても、薄毛が進行するといわれています。頭皮に問題があるという場合、これらによるケアも大切ですが、洗髪習慣を見直すことも、必要となるかもしれません。しっかりと泡立てて優しく頭皮を洗うこと、そして洗髪後には洗浄成分が残らないように、丁寧に洗い流すことが大切です。短髪の方であっても、最低限5分程度は、シャワーで洗い流さないと、洗浄成分や汚れが頭皮に残ってしまうといわれています。